HOME>トピックス>マシンの改良により、安全性を確保しながらアンチエイジングが可能に

切らずに超音波でアンチエイジング

エステティシャン

従来のアンチエイジングでは、目の下のたるみや顔のたるみは糸を入れるために切開する必要がありました。ところが、高密度焦点式超音波が開発されたことで、手軽にアンチエイジングをすることができるようになったのです。そのメカニズムは、皮膚の深層部である表在性筋膜層にまで届く超音波を用いて熱を与えます。熱が加えられることで筋膜が収縮して肌が引き締められる効果を用いてたるみを解消するのです。この治療により、メスを使う必要がなくなりました。

費用が高いものの安全性も高い

目元に触れる人

確かに、超音波を使ったアンチエイジングは費用が高額ですが、安全性が高く効果が持続するというメリットを享受することができます。以前は、超音波が骨に響いて痛みを感じやすいと言われていたところ、改良により痛みを感じにくくなりました。また、カートリッジもコストを抑えるための改良が加えられたことにより、以前よりも安価で超音波のアンチエイジングが可能になったのです。超音波によるアンチエイジングでは、皮膚が薄くてヒアルロン酸の注入が難しいと言われる目の下のたるみにも絶大な引き締め効果をもたらします。治療も短時間で済み、ダウンタイムが一切ないので安全性が高いのです。

広告募集中